浅野翔吾(高松商)は打つだけでなく足も速い、巨人も狙うドラフトの注目選手のプロフィールを紹介

野球ファンにとっては、夏と言えば甲子園!と言っても過言ではないですよね。
甲子園は高校球児が高校生活を捧げた大切な青春です。
青春を捧げた高校球児が熱いドラマを繰り広げます。

同じ野球でもプロ野球とは一味の二味も違います。
高校野球ファンだけのファンも多くいらっしゃいます。

高校野球は途中で1回でも負けてしまうと終わってしまう、本気のトーナメント戦です。
そして注目するのはファンだけではなく、プロ野球の球団関係者(スカウト)も甲子園大会や地方予選に注目しています。
秋のドラフト会議で指名する選手の品定めだったり、新たな掘り出し物の選手の発掘が目的です。

その中でも、2022年の夏の甲子園大会で注目されているのが高松商業高校の浅野翔吾選手です。
そこで今回は、高校No.1打者という呼び声の高い、プロ注目の浅野翔吾選手について紹介していきます。

浅野翔吾(高松商)選手について

まずは、浅野翔吾選手のプロフィールを紹介したいと思います。

プロからも注目されている選手です。
実際にドラフトで指名されるか分かりませんが、おそらく1位でどこかの球団が指名する確率が高いと思います。

そうなってくると、どんな人物かすごく気になりますよね?
実際にドラフトで指名されてから、1軍にデビューしてから、
もしくは実際に活躍してから知る人が多いのではないでしょうか?

それでは、ご紹介致します。

名前 浅野 翔吾(あさの しょうご)
高校 高松商業高校(香川)
ポジション 外野手
打席 右打ち
身長 170cm
体重 86kg

小学3年生のころから「屋島シーホークス」という軟式の野球チームに所属していました。
ここから、浅野選手の野球人生がスタートしたんですね。

そして、小学校時代になんと通算95本塁打という異次元のパワーで怪物なみの記録をつくっています。
小学生で、通算95本塁打とはすばらしい野球センスとパワーですね。

中学時代でも、通算60本の本塁打を打つなどの記録を持っています。
そんな中学時代には、全日本少年軟式野球大会に出場しています。

野球の才能に満ち溢れた浅野選手ですが、その才能を認められて、
なんとU-15代表に選ばれて、アジア選手権に出場して優勝しています。
チームの優勝に貢献したという事で、更に注目されることになります。

小・中学校時代から本塁打を沢山打って、日本代表選手としてアジア選手権でも優勝に貢献しています。
振替ってみると、高校球児になる前から、怪物級の成績をつくる選手だったんですね。

高校進学の際に、沢山の県内外の高校からスカウトが来たそうですが、
浅野選手は地元で野球をやりたいという強い意志から、高松商業高校に進学を決めたそうです。

私立の強豪校に良い選手が集まるという話も聞きますが、
こういった、地元愛の強い心を持った素晴らしい選手という事で、
今後は、野球の実力だけでなく、人気も大いに上がっていくのではないでしょうか?

打つだけではなく、足も速い

浅野選手は、小学生のころから本塁打記録を作っているように、
本塁打と打球の飛距離が注目されていますが、
実は・・・・・足もとても速いのです。

なんと、50mを5秒9で走るそうです。

打って良し、走っても良しとというプレイヤーですから、
野球選手としては、かなりハイスペックなプレイヤーという事になりますね。

身長はどちらかと言えば、野球選手としては小柄な部類に入ると思います。
ただ、柔軟な対応能力・体格・動きを駆使して、パワー・スピードを使い分けてプレーをすることが出来る選手です。
その結果が、今のすばらしい成績になっているのでしょう。

甲子園でもすばらしい活躍でしたので、当然元々の才能も素晴らしかったのだと思いますが、
結果を出すという事は、血の滲むよくな努力・練習があっての事だと思います。

人柄に関しても良い記事しか見当たらないので、
本当に好青年なのでしょうね。

巨人も注目?ドラフトについて

巨人の水野スカウト本部長のべた褒めしたコメントが新聞記事にもありましたが、
巨人では是非ドラフト1位で指名してだけでなく全球団が浅野選手に注目しています。

巨人に関しては、強打で足の速い外野手は喉から手が出るほど欲しい選手だと思います。

センターを守っている丸選手の後継者が見当たらないので、是非是非1位で指名してほしいなと思います。
この際くじ運の悪さは置いておきましょう。

当然ですが、本人がプロ志望届けを出さないとドラフトでは指名出来ないのですが、
今の所は、出す予定のようですし、指名する球団は重複する事が予想されます。

原監督には、今までのくじ運の悪さを払拭してほしいですね。

まとめ

いかがでいたでしょうか?
浅野選手がどれほどすごい実績をつくってきた選手なのかがご理解いただけたのではと思います。

当然ですが、高校野球、甲子園大会で大活躍をしたからといって、
プロでも大活躍できるかは分かりません。

ただ、プロで活躍する姿を見たいと思わせてくれる選手ですし、
プロ入り後、3年~4年はかかるかもしれませんが、
きっとプロでも活躍してくれると思います。

皆さんも、そう期待して浅野選手がプロ入りするのを
楽しみにしましょうね。

【スポンサードリンク】